検索プログラマのメモ帳

壁にぶつかったら検索で調べるプログラマのちょっと遅れたメモ帳。たまに自分で挑戦する。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

RでrandomForestを使ってみる。

12 7月, 2016 (11:55) | 未分類 | By: admin

[:ja]library(randomForest)
#R付属のirisデータを使う
data <- iris
#データの行数を取得
ndata <- nrow(data)
#sample関数で行数の範囲の数字から、行数の半分(*0.5)だけランダムな数を生成する。
ridx <- sample(ndata, ndata*0.5)
#学習用データを生成。行番号を配列で指定して抽出する。
data.learn <- data[ridx,]
#学習用以外のデータをテスト用として使用する。
data.test <- data[-ridx,]
#randomForestの実行し予測モデル作成。モデルの形式としてSpeciesから最後の列まで指定(Species~.)、dataとしてdata.learnを設定。
forest <- randomForest(Species~., data = data.learn)
#予測モデルをテストデータで実行する。
pred.forest <- predict(forest, newdta = data.test, type = “class”)
#予測力の確認
table(pred.forest,data.test[,5])
#各要素の重要度を確認
importance(forest)[:]

Write a comment