検索プログラマのメモ帳

壁にぶつかったら検索で調べるプログラマのちょっと遅れたメモ帳。たまに自分で挑戦する。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

Linuxログを調べる

27 5月, 2015 (05:26) | linux | By: admin

Linuxのログファイルは主に「/var/log/messages」。

リアルタイムで監視するなら

1.# tail -f /var/log/messages

tail:ファイルの末尾を表示する。
「-f」:ファイル末尾に追加されたデータを追跡表示する。

2.# less +F /var/log/messages

less:テキスト・ファイルの内容を閲覧する。
「Ctrl-c」:通常モードへ移行。
「F」:監視モードへ移行。
「:n」:複数ファイルの場合は、次のファイルへ移行。

・shutdownを行った時のログのみを表示。
# grep shutdown /var/log/messages

・認証などのセキュリティに関するログを表示。
# tail /var/log/secure

・ユーザー毎にログイン日時を一覧で確認する。
# lastlog

3.lessのオプション

-e:ファイルの最後に達した場合、lessを終了。
-N:行頭に行番号を表示。
-p:パターン パターンにマッチした行を1行目に表示。
-s:連続した空白行を1行にまとめる。
-X:lessコマンド終了時に画面をクリアしない。

閲覧中コマンド

/パターン:指定したパターンの文字列を前方検索。
?パターン:指定したパターンの文字列を後方検索。
n:前回の検索を繰り返す。
N:前回の検索と逆方向の検索する。
b:前の画面へ戻る。
f、SPACE:次の画面へ進む。
d:半画面進みます。
u:半画面戻る。
e、j:1行進む。
y、k:1行戻る。
g、<:ファイルの1行目(先頭)に移動する。
G、>:ファイルの最終行(末尾)に移動する。
q:ファイルの閲覧を終了する。
v:閲覧中のファイルを編集するためにエディタを起動する。

Write a comment