検索プログラマのメモ帳

壁にぶつかったら検索で調べるプログラマのちょっと遅れたメモ帳。たまに自分で挑戦する。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

oracle10gのインストール時のエラー対応一覧など

25 9月, 2014 (05:58) | oracle | By: admin

 TNSlistenerの設定

$ORACLE_HOME/network/admin/listener.ora

%ORACLE_HOME%/NETWORK/ADMIN/listener.ora

listener.ora
SID_LIST_LISTENER =
(SID_LIST =
(SID_DESC =
(SID_NAME = SIDを設定)
(ORACLE_HOME = ORACLE_HOMEを設定)
)
)

LISTENER =
(DESCRIPTION_LIST =
(DESCRIPTION =
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = WIN1)(PORT = 1521))
)
)

・リスナ名
一つのサーバに複数のリスナを定義することができるため、リスナを識別する名前を設定。 デフォルトのリスナ名はLISTENER。

・HOST名(IP)
通常サーバのhostnameを設定。複数IPを持つ環境ではポートを開くIPを指定。

・ポート番号
使用するポート番号を指定。デフォルトは1521番。

・SIDまたはサービス名(service_name)
SID,サービス名はデータベースを識別する名前。

接続確認
  • ping Oracleサーバのホスト名もしくはIP
  • telnet Oracleサーバのホスト名もしくはIP 1521
  • tnsping Oracleサーバのホスト名もしくはIP
    tnsの設定が正しいかのチェックができます。
  • sqlplus ユーザ名/パスワード@ホスト文字列

TNSlistenerの起動、停止、確認

  • 起動:lsnrctl start <リスナ名>
  • 停止:lsnrctl stop <リスナ名>
  • ステータス確認:lsnrctl status <リスナ名>
  • サービスの受け入れ状況の確認:lsnrctl service <リスナ名>

インスタンスの削除方法

DBCAによる削除とORADIMコマンドによる削除の手動での削除、DROP DATABASEコマンドによる削除(10g以降)4通りある。

oradimコマンドで削除

  1. oradimコマンドの発行:「oradim -delete -sid orcl」
  2. OracleDBConsole<SID>の削除:
    レジストリ:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
    コマンド:「sc delete OracleDBConsoleorcl」
  3. ファイルの削除
    %ORACLE_BASE%\admin\<SID>配下
    %ORACLE_BASE%\flash_recovery_area\<SID>配下
    %ORACLE_BASE%\oradata\<SID>配下
    %ORACLE_HOME%\dbs\SPFILE<SID>.ORA

手動での削除

  1. データベースの停止:shutdown abort
  2. 物理構成ファイルの削除
    %ORACLE_BASE%\admin\<SID>配下
    %ORACLE_BASE%\flash_recovery_area\<SID>配下
    %ORACLE_BASE%\oradata\<SID>配下
    %ORACLE_HOME%\dbs\SPFILE<SID>.ORA
  3. サービスの削除

プログラムからの接続

The Network Adapter could not establish the connection

  1. インスタンスが起動してない
    sqlplus>startup
  2. リスナーが起動してない
    lsnrctl
    LSNRCTL> start

EMが動いていない場合

sqlplus>emctl start dbconsole

 

Write a comment