検索プログラマのメモ帳

壁にぶつかったら検索で調べるプログラマのちょっと遅れたメモ帳。たまに自分で挑戦する。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

Android端末の組み込みフォント以外を使用する方法。発音記号の文字化け対策

23 5月, 2013 (08:40) | android開発 | By: admin

発音記号を表示するアプリを作っていて、発音記号が文字化けすることが発覚した。IPA拡張フォント入っていないということだった。windowsパソコンだったらMSゴシックとかに入っているので、普通に表示されるのにAndroid端末の組み込みフォントには入っていない。

rootを取ってフォントを入れ替えや追加することもできるけど、アプリのユーザーにそこまでお願いすることはできない。

そこで、Android端末の組み込みフォント以外を使用する方法を使う。

それは、assetsディレクトリにフォントファイルを置いて、それを読み込んで使うというもの。

1.IPA拡張フォントの入ったフォントをダウンロード

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が出しているフォントを使おうとしたら、IPA拡張フォントの中で、いくつか入っていないものがあったので、「DoulosSIL.ttf」をダウンロードして使う。

1MBくらいとフォントの中では結構軽い方ではないかと思う。日本語は使えないと思うけど、英語とIPA拡張フォントが入っているので大丈夫。

2.assetにフォントを入れる

assetに「fonts」フォルダを作って、そこにダウンロードした「DoulosSIL.ttf」をインポートする。

3.プログラムで呼び出す

TextView txt = (TextView)findViewById(R.id.TextView01);

//アセットからTypeface作成

Typeface typeface = Typeface.createFromAsset(getAssets(), “fonts/DoulosSIL.ttf”);

txt.setTypeface(typeface);

Write a comment