検索プログラマのメモ帳

壁にぶつかったら検索で調べるプログラマのちょっと遅れたメモ帳。たまに自分で挑戦する。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

パワーポイントを起動

12 2月, 2009 (16:15) | ASP.NET(VB) | By: admin

F1を押すとパワーポイントの1.pptというファイルが開いて、表示される。後は自由に操作できる。実際はtry~catchのエラー処理やリモコンに対応したキーイベントなども入れていたけど省きました。

Private WithEvents PPTApp As PowerPoint.Application
Private PPTPre As PowerPoint.Presentation
Private PPTSW As PowerPoint.SlideShowWindow
Private filename As String

  PPTApp = New PowerPoint.Application
PPTApp.Visible = True

  Private Sub Form1_KeyDown(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.KeyEventArgs) Handles MyBase.KeyDown

‘F1キーを押した場合
If e.KeyCode = Keys.F1 Then
filename = “C:1.ppt”
PPTPre = PPTApp.Presentations.Open(filename)
PPTSW = PPTPre.SlideShowSettings.Run()

開いて閉じるというのが意外と難しい。

ほとんどのリモコンは、キーボードのどれかのボタンに対応しているということでした。

Write a comment